会社分割の基礎

会社設立と会社分割の基礎

ネットの普及や法律の改正で会社設立をする人は年々増えています。会社の設立の際には資本金や設立費用はもちろん、設立するための人数も定められていますが、最近は設立方法も多種多様になり、比較的簡単に設立できるようになりました。

設立には複数の種類がありますが最もメジャーなのが株式会社設立です。単に設立といえば株式会社のことを指すことも多いです。しかし最近では合同会社も普及しています。
いずれにせよ一般的に設立するときにはまず準備から入ります。設立項目の決定、印鑑の作成等があげられます。次に定款の作成です。しかし合同会社設立の場合、定款の作成、認証手続きともに不要になります。登記書類の作成ももちろん必要になってきます。肝心の資本金を払った後、申請書を作成します。次に会社設立登記、開業の届出、設立完了となります。

株式会社の設立はややこしい点も少々あり、これらの作業を専門家に依頼してから会社設立する人は大勢いるようです。今流行りの合同会社だと登記書類が格段に少なくなるため、株式会社よりずっと簡単になります。

会社設立するときにはどのような会社でも事業目的を決めなければなりません。用は定款のことで、どのようなことをして儲けるのか文章にして書き出します。定款に書いている事業目的に以外の事業には手を出すことができません。そのため会社設立時の不安定な時期に行う事業だけではなく、成長してきた場合に行う可能性のある事業まで書かなければならず、とても難易度の高いものです。

また、最近ではネット技術の進歩でノマドウォーカーなど、所在地を特定せずに、また自分のオフィスすら持たないで仕事をしてお金を稼いでいる方も増えましたが、会社設立の際はかならず本店所在地を決めなければなりません。本店所在地といっても名ばかりのもので実際には自宅や賃貸オフィス、バーチャルオフィスなど指定できることができ、これらを指定している方が多いです。

会社の設立は主に0から会社を設立するのに対して会社分割というのもあります。これは企業の組織を再編することで企業組織再編の一種です。主に事業部門を拡大する際や今まで通りの事業運営をするにせよ、より効率的にするために企業分割はなされます。
これは2001年4月1日に商法にして発行後、導入されました。昔からあった事業譲渡と比較すると用途がやや限定的であるものの手続きがとても簡単なことがあげられます。よって2001年4月1日の導入後は事業譲渡より会社分割が用いられることが増えてきています。

Copyright© 2014 会社設立は知っておかなければならないことありますAll Rights Reserved.