llcは費用が安い

llcは会社設立の費用が安い

llcとは、合同会社を指します。会社設立をするときには会社の種類を選ぶ事が必要となりますが、会社法が施行されたことによってllcの設立が可能になりました。小規模な会社設立に適していると言われることが多いのですが、実は規模は関係がありません。株式会社の代わりに用いられるのですが、そのメリットは会社設立にかける費用や維持するための費用が安いことと、構造がシンプルなことが挙げられます。

まず、会社設立時のことを考えてみましょう。設立するためには定款を作成しなければなりません。株式会社を設立する場合には、作成して移管に対して認証の手続きを行わなければなりませんが、そのためには手数料が5万円かかります。そして登録免許税は最低でも15万円かかります。

llcの場合には、まず定款の認証が必要ありませんから、そのために手数料の5万円分は安くすることができます。登録免許税については、最低金額が6万円ですから、株式会社に比べると9万円分安くなるのです。これだけ安くなりますから、少しだけでも費用を抑えたい人に適しています。

維持についてですが、株式会社の場合に必要な決算公告なども必要ありませんし、他にも細かい手続きが必要ありませんから、この分でも安くすることができるのです。この面でも優れています。

コストダウンとして用いることができますが、デメリットもあります。株式会社では会社法によって様々な事が決められていますから、法律によって様々なトラブルを防ぐことができます。特に、出資した人の権利や債権者に対する権利については法律によって細かく定められていますから、資金を提供する側に取っ手のメリットは大きいと考えられます。

llcでは、自由な制度設計ができますから、出資者の権利が守られない場合もあります。特に、出資比率とは関係なく利益の分配を行うことができますから、出資者が複数いる場合には利害関係でトラブルが起こることもあるのです。そのため、規模が大きい会社ではあまり利用されないのです。

しかしながら、出資者が限定されているときにはこのようなデメリットはありません。例えば、ある会社が100%出資して子会社を作るときなどには、このようなデメリットはありませんから、メリットの方を重視してllcが用いられる事もあるのです。具体的には、外資系企業が日本で営業するときに完全子会社を用いる事が多く、その場合の会社設立の方法として用いられます。

Copyright© 2014 会社設立は知っておかなければならないことありますAll Rights Reserved.