年収いくらからが良いか

会社設立をするのは年収いくらからが良いか

小規模な事業であれば個人事業の方が有利なのですが、年収が大きくなってくると会社設立をした方が良いです。なぜかというと、税金の金額を安くすることができるからです。では、具体的にはどれくらいの年収になれば有利になるのでしょうか。
400万円と言われることもありますし、1,000万円と言われることもあります。実はそれぞれのケースで異なっていると考えられます。

税制面だけを考えれば400万円くらいでも会社設立をした方が有利になります。税金を安くするだけの目的であればこれくらいで有利になりますから、早めに会社設立をしようと考える人もいるでしょう。あるいは、個人事業ではできないことを会社としてならできるのなら、早めに会社設立をするのも良い方法だと考えられます。

しかしながら、税制面でのメリットはあったとしても、他の面でのデメリットもあるという点に注意しておかなければなりません。例えば、会社設立をすれば経理処理をきちんと行わなければなりません。個人事業でも経理処理はしなければならないのですが、会社の場合にはもう少し複雑になります。また、税務申告もしなければなりませんが、これも個人事業よりも複雑です。

経理処理一つをとってみても、事務的な作業の負担は増えます。経理処理を税理士に依頼すれば事務作業は軽減されますから、個人事業と同じように経営に専念することができるでしょう。しかし、そのためにはコストもかかりますから、税金が少し安くなっただけでは有利にはならないでしょう。経理の知識があれば自分で全て行うことができます

ですから、それぞれのケースで異なるのですが、1,000万円を超えれば会社設立をするメリットは大きくなります。1,000万円が基準として用いられる事が多いのは、消費税が関係してくるからです。1,000万円を超えれば消費税がかかってきます。

消費税は前々年度の売上高によって決まるのですが、会社設立をしてすぐのうちは前々年度には経営していません。ですから、第1期目と第2期目は納税義務が免除されます。そのために、会社設立をするメリットは大きいと考えられます。

ただし、この場合でも会社設立をする事によるデメリットについても把握しておく必要はあるでしょう。例えば、従業員がいる場合には社会保険に加入しなければなりません。社会保険に加入するためには会社側も負担をしなければなりませんから、その負担についても把握しておく必要があります。

Copyright© 2014 会社設立は知っておかなければならないことありますAll Rights Reserved.