融資を受けるためには

会社設立の際に銀行からの融資を受けるためには

会社設立後はほぼ必ず資金繰りの問題がついて周り、設備資金、運転資金等のお金が必要になってきます。企業は成長するものでその成長過程においてどうしても自己資金では資金が足りなくなります。

そういう時に必要になってくるのが銀行からの融資です。つまり銀行に使用してもらい、お金を貸してもらいます。お金を借りるという行為に嫌悪感を示す方は大勢いるものですが企業の成長にお金を借りる行為は必要不可欠といっても過言ではありません。

また、会社運営中より、会社設立時にお金を借りることもあるでしょう。一昔前は会社設立といえばほぼ株式会社設立のことでしたが、最近では合同会社設立がかなり目立ってきています。
当たり前ですが、お金を借りたら返さなければなりません。普段人間は大規模なお金の貸し借りというのはめったに経験するものではないため、返さなければどういうことになるのかということがややわかっていない方もいるようです。お金を返すためには事業経営でしっかり利益をあげなければなりません。お金を返せない事業は破綻してしまいます。

お金を借りるためには審査に受からなければなりません。我々人間がお金の貸し借りをする際には貸し渋りをするものですが、銀行は事業としてお金を貸す機関ですから決して意味なく貸し渋りすることはありません。お金を借りられない場合必ず何かしらの理由があります。最近では国の政策としてベンチャー企業を発掘、育成しようとしているため、手厚い施策を受けることができるでしょう。

お金を借りるためにまず必要なのが決算書です。銀行は全ての会社を格付けしており、勿論格が上の会社ほど莫大なお金を借りることができます。格付けは収益性、安全性、成長性、債務償還能力の四つで判断され総合点数の大きな会社ほど高評価を受けることができます。また、向こうはその道のプロです。安易な粉飾は確実に見抜かれると思ってください。

人間同士でお金を貸し借りする際にたとえどういう仕事をしてどのような正確の人か知っている人であっても無意味にお金を貸すことはないはずです。まず確実にお金の用途を聞くはずです。さらにいつ返すことができるのかもほとんどの人は尋ねます。これは事業でも同じで、資金使途と返済財源というものを聞いてきます。これは会社が大幅な黒字であっても同じことです。かならず資金使途と返済財源を聞いてきます。最も借りる可能性が低くなるパターンは赤字でお金がないからという理由でお金を借りることです。大変正直なのはいいことですが、返済できるあてがなく、資金使途もないようでは絶対にお金を借りることはできません。

Copyright© 2014 会社設立は知っておかなければならないことありますAll Rights Reserved.