最近の投稿

融資を受けるためには

会社設立の際に銀行からの融資を受けるためには

会社設立後はほぼ必ず資金繰りの問題がついて周り、設備資金、運転資金等のお金が必要になってきます。企業は成長するものでその成長過程においてどうしても自己資金では資金が足りなくなります。

そういう時に必要になってくるのが銀行からの融資です。つまり銀行に使用してもらい、お金を貸してもらいます。お金を借りるという行為に嫌悪感を示す方は大勢いるものですが企業の成長にお金を借りる行為は必要不可欠といっても過言ではありません。

また、会社運営中より、会社設立時にお金を借りることもあるでしょう。一昔前は会社設立といえばほぼ株式会社設立のことでしたが、最近では合同会社設立がかなり目立ってきています。
当たり前ですが、お金を借りたら返さなければなりません。普段人間は大規模なお金の貸し借りというのはめったに経験するものではないため、返さなければどういうことになるのかということがややわかっていない方もいるようです。お金を返すためには事業経営でしっかり利益をあげなければなりません。お金を返せない事業は破綻してしまいます。

お金を借りるためには審査に受からなければなりません。我々人間がお金の貸し借りをする際には貸し渋りをするものですが、銀行は事業としてお金を貸す機関ですから決して意味なく貸し渋りすることはありません。お金を借りられない場合必ず何かしらの理由があります。最近では国の政策としてベンチャー企業を発掘、育成しようとしているため、手厚い施策を受けることができるでしょう。

お金を借りるためにまず必要なのが決算書です。銀行は全ての会社を格付けしており、勿論格が上の会社ほど莫大なお金を借りることができます。格付けは収益性、安全性、成長性、債務償還能力の四つで判断され総合点数の大きな会社ほど高評価を受けることができます。また、向こうはその道のプロです。安易な粉飾は確実に見抜かれると思ってください。

人間同士でお金を貸し借りする際にたとえどういう仕事をしてどのような正確の人か知っている人であっても無意味にお金を貸すことはないはずです。まず確実にお金の用途を聞くはずです。さらにいつ返すことができるのかもほとんどの人は尋ねます。これは事業でも同じで、資金使途と返済財源というものを聞いてきます。これは会社が大幅な黒字であっても同じことです。かならず資金使途と返済財源を聞いてきます。最も借りる可能性が低くなるパターンは赤字でお金がないからという理由でお金を借りることです。大変正直なのはいいことですが、返済できるあてがなく、資金使途もないようでは絶対にお金を借りることはできません。

株式、現物出資の違い

会社設立と株式、現物出資の違い

会社設立をする場合に行わなければならないことの一つに出資と呼ばれるものがあります。これは事業を行うために必要な資金を集め、それを払い込むことで行われます。現代社会で最も基本的な会社組織の一つである株式会社の場合は、その出資を株の購入という形で明確に行います。一株当たりいくらという価格設定をし、その株を購入してもらうことで資金とするのです。そのため株式会社の出資制度というのは非常に分かりやすく、誰が何株持っているかを管理しておけば出資額の管理をしていることになるのです。この出資額に応じて配当が決定されますので、保有している株の数というのは非常に重要な情報なのです。

一方、会社設立には他の形もあります。最近新規設立が増えてきている会社形態としては合同会社が存在しています。この合同会社も同じく会社設立の際には出資者を募って事業資金を確保しなければなりません。また、事業年度終了の際に発生した配当についても分配する必要があります。しかし合同会社の場合は出資額が少しわかりにくくなっています。その理由の一つとしては現金での出資以外にも現物出資という出資方法が存在しているからです。

現物出資というのは、例えば新規で事業を行う場合に必要になるパソコンや車などを現物で出資するという行為です。新規で購入するのではなく、既に所有しているもので代用するのです。その様な手続きは個人事業主や小規模事業などによくマッチングした仕組みであると考えられます。そのため合同会社設立の場合は、配当は出資額に関わらず決めることが出来るとされている理由の一つになっているのです。これは小規模事業主が事業を行いやすくするために導入された仕組みであると考えることが出来ます。
会社設立には色々な方法がありますが、株式会社の場合には将来的に市場に上場して公開取引を通じて更なる発展を目指すという共通認識が一応存在しています。その様な目的に向かうに当たって必要とされる仕組みづくりが様々な規制という形で設定されています。会社設立をする場合にはその辺りの方向性を十分に把握して会社の種類を決めていく必要があるでしょう。合同会社という仕組みは非常に融通がきくものであり、便利に感じることが多い半面、広く投資を募ったり会社を大きくしていくのには向いていません。最初から大きな組織が自由を手に入れる場合には有利に機能しますが、良いことばかりではないのです。

定款と必要な割印

会社設立に必要な定款と必要な割印

会社設立をするときには、定款を作成する必要があります。
それは会社の組織や運営、株主の地位などを示すものです。
会社名、取締役の員数、任期、本社の所在地、発起人の氏名や住所、資本金、事業内容、事業目的などが記載されることになります。
用紙はA4かB5を使用しますが、官公署ではA$が原則なのでA4を利用する方が良いでしょう。
袋とじにしない場合にはページの境目に各発起人が割印をすることになりますが、その時に紙が薄いと裏に写る可能性があるので、厚めの用紙を使う方が良いでしょう。
印刷は片面でも両面でもどちらでも構いません。
鉛筆以外のボールペンやインクで手書きで書いても問題はありませんが、内容を変更するときなどのことを考慮し、パソコンのワードなどを使用した方がよいでしょう。
手書きの場合で訂正する場合は二重線をひいてその上部に正しい分を書きます。
そして余白に「第何条中 何字削除、何字訂正」などの注釈を記入したうえ発起人全員の実印を押す必要があります。
また最後にある署名か所に押印をします。
表紙はつけなくても構いません。
綴じ方はホッチキスで二か所止めるか、契約書用製本テープなどを使って袋綴じにします。
これを3部作成します。

そして株式会社設立の場合は、作成した定款を公証人役場で認証をしてもらう必要があります。
あらかじめ会社所在地の公証人役場に連絡を入れます。
作成し定款と印鑑証明書をFAXやメールで送って公証人役場で見てもらい、修正などが終われば認証を受ける火を予約し出向いていくことになります。
紙で作成した場合は、原則として発起人全員で出向いていきます。
第三者が背向く場合には委任状が必要になります。
その時には公証人手数料5万円のほかに収入印紙代4万円が必要です。
電子定款を作成した場合には収入印紙代が不要になります。
会社設立には、それ以外にも様々な手続きや書類の準備が必要になります。
認証された定款やそのほかの必要書類を持参し、法務局に会社設立のための登記をする必要があります。

登記が終わるといよいよ「会社設立」となるのですが、そのあとも市町村役場や税務署、労働基準局などに届け出をする必要があります。
このように会社設立には手続きや届出をしたり、そのための費用も必要になります。
あらかじめどのようなことが必要かをしっかり把握し、早めに準備しておくことでスムーズに事を運ぶことができます。
そして会社設立を外部に知らせるとともに、挨拶状を出したりすることも今後の会社経営のために大切になったきます。

必要書類等について

会社設立に現物出資する際の必要書類等について

現物出資とは会社設立の際に事業用の資産をその時価で出資することができるものをいいます。多くの場合会社設立は資本金に現金を使い、実際お金で出資したほうが簡単で手間もかからないのですが、手持ちの現金だけでは設立資金に足りないときなどには現物で出資することでこれを補うことができます。

元々会社設立時に従来債権や有価証券などで出資されることが多かったのですが最近では車とパソコンで出資することが最も多いです。
現物出資する場合、基本の続きは現金出資の場合と大きく変わることはありませんが、会社設立時に通常の必要書類に加え、財産引継書と資本金の額の計上に関する証明書の二つの必要書類が加わります。
書類の書き方も重要です。現物の基本情報を定款に書かなければならないのですがこの基本情報があまりにも曖昧でどのようなものか分からない場合は公証役場の検査後、出資が通らない場合があります。合同会社の場合は法務局です。
ちなみに現物という名前ではありますが自分のWEBサイト等も現物出資できます。何で出資できて何がダメなのかも調べることが重要です。その他特許や有価証券、不動産などでも出資が可能です。案外、予想だにしないものまで出資できるものですが要は譲渡が可能で且つ、貸借対照表に計上できるものであればだいたいのものが出資できます。
この出資方法は裁判所の検査役の調査が必要とされていますが、特定の場合において調査を回避することができます。最も人気でオススメできるものが現物の総額が500万円以下という条件です。検査役の調査はとても面倒で費用も日数もかかるものですからできる限り回避するようにすることが大切です。
これは非常に重要なことで、回避できるか否かで手間が大違いです。出資する際にどうしても検査役の調査を回避できない場合は現物での出資を諦めたほうがよいといっても過言ではありません。
あまりにも安い現物まで出資すると財産引継の手続きの際にも手間がかかります。基本的には車やパソコンなどの10万円は超えそうなものが出資される傾向にあります。逆に体積や重量があるわりには安いものなどは最悪です。

出資後法律上は出資した現物は売却したものとして扱われます。このため、譲渡益があまりにも大きなものになってしまうと所得税等も増えてしまい個人の負担も増加します。時価より低い金額で出資したとしても時価で譲渡したものと扱われてしまい、その分までも課税されてしまいます。会社設立の際に現物出資する際には納税の資金を準備することが大切です。

llcは費用が安い

llcは会社設立の費用が安い

llcとは、合同会社を指します。会社設立をするときには会社の種類を選ぶ事が必要となりますが、会社法が施行されたことによってllcの設立が可能になりました。小規模な会社設立に適していると言われることが多いのですが、実は規模は関係がありません。株式会社の代わりに用いられるのですが、そのメリットは会社設立にかける費用や維持するための費用が安いことと、構造がシンプルなことが挙げられます。

まず、会社設立時のことを考えてみましょう。設立するためには定款を作成しなければなりません。株式会社を設立する場合には、作成して移管に対して認証の手続きを行わなければなりませんが、そのためには手数料が5万円かかります。そして登録免許税は最低でも15万円かかります。

llcの場合には、まず定款の認証が必要ありませんから、そのために手数料の5万円分は安くすることができます。登録免許税については、最低金額が6万円ですから、株式会社に比べると9万円分安くなるのです。これだけ安くなりますから、少しだけでも費用を抑えたい人に適しています。

維持についてですが、株式会社の場合に必要な決算公告なども必要ありませんし、他にも細かい手続きが必要ありませんから、この分でも安くすることができるのです。この面でも優れています。

コストダウンとして用いることができますが、デメリットもあります。株式会社では会社法によって様々な事が決められていますから、法律によって様々なトラブルを防ぐことができます。特に、出資した人の権利や債権者に対する権利については法律によって細かく定められていますから、資金を提供する側に取っ手のメリットは大きいと考えられます。

llcでは、自由な制度設計ができますから、出資者の権利が守られない場合もあります。特に、出資比率とは関係なく利益の分配を行うことができますから、出資者が複数いる場合には利害関係でトラブルが起こることもあるのです。そのため、規模が大きい会社ではあまり利用されないのです。

しかしながら、出資者が限定されているときにはこのようなデメリットはありません。例えば、ある会社が100%出資して子会社を作るときなどには、このようなデメリットはありませんから、メリットの方を重視してllcが用いられる事もあるのです。具体的には、外資系企業が日本で営業するときに完全子会社を用いる事が多く、その場合の会社設立の方法として用いられます。

会社分割の基礎

会社設立と会社分割の基礎

ネットの普及や法律の改正で会社設立をする人は年々増えています。会社の設立の際には資本金や設立費用はもちろん、設立するための人数も定められていますが、最近は設立方法も多種多様になり、比較的簡単に設立できるようになりました。

設立には複数の種類がありますが最もメジャーなのが株式会社設立です。単に設立といえば株式会社のことを指すことも多いです。しかし最近では合同会社も普及しています。
いずれにせよ一般的に設立するときにはまず準備から入ります。設立項目の決定、印鑑の作成等があげられます。次に定款の作成です。しかし合同会社設立の場合、定款の作成、認証手続きともに不要になります。登記書類の作成ももちろん必要になってきます。肝心の資本金を払った後、申請書を作成します。次に会社設立登記、開業の届出、設立完了となります。

株式会社の設立はややこしい点も少々あり、これらの作業を専門家に依頼してから会社設立する人は大勢いるようです。今流行りの合同会社だと登記書類が格段に少なくなるため、株式会社よりずっと簡単になります。

会社設立するときにはどのような会社でも事業目的を決めなければなりません。用は定款のことで、どのようなことをして儲けるのか文章にして書き出します。定款に書いている事業目的に以外の事業には手を出すことができません。そのため会社設立時の不安定な時期に行う事業だけではなく、成長してきた場合に行う可能性のある事業まで書かなければならず、とても難易度の高いものです。

また、最近ではネット技術の進歩でノマドウォーカーなど、所在地を特定せずに、また自分のオフィスすら持たないで仕事をしてお金を稼いでいる方も増えましたが、会社設立の際はかならず本店所在地を決めなければなりません。本店所在地といっても名ばかりのもので実際には自宅や賃貸オフィス、バーチャルオフィスなど指定できることができ、これらを指定している方が多いです。

会社の設立は主に0から会社を設立するのに対して会社分割というのもあります。これは企業の組織を再編することで企業組織再編の一種です。主に事業部門を拡大する際や今まで通りの事業運営をするにせよ、より効率的にするために企業分割はなされます。
これは2001年4月1日に商法にして発行後、導入されました。昔からあった事業譲渡と比較すると用途がやや限定的であるものの手続きがとても簡単なことがあげられます。よって2001年4月1日の導入後は事業譲渡より会社分割が用いられることが増えてきています。

別段預金は不要

会社設立での別段預金は不要

会社設立のときの帳簿では別段預金の扱いが必要になる事があります。別段預金とは、金融機関が行う取引のうち、一時的な資金を処理するための預金科目を指します。一般的な預金とは異なって、未決済の預金や一時的な整理のための用いる預金のために用いられるものです。預金勘定では処理することができないものも多くあるために、内部勘定として便宜的に用いられています。

例えば、振り込みを行ったとしても、その日のうちに振り込みの処理ができなかった場合、翌営業日に振り込みが行われることになります。ですから、翌営業日まで預かることになるのですが、この時には一般的な預金として預かるのではありませんから、別の勘定科目が必要となるのです。このような場合に用いられる勘定で、他にも配当支払基金などにも用いられますし、送金組戻し分の一次預かり金などもあります。

増資をするときには、資本金の払い込みが必要となります。会社設立をした後の増資では、振り込みを用いるのが一般的です。しかし、実際には振り込まれたとしても、すぐに資本金として用いられるわけではありません。しかし、単なる預金勘定とすることはできないのですから別勘定が必要となります。

資本金として用いられるために100万円が振り込まれた場合には、借り方には「別段預金100万円」となり、貸方には「新株式申込証拠金100万円」となります。このようにして別の勘定で扱われることになるのです。後日、普通預金に振り替えるときには、振り替えの仕訳を行うことになります。

会社設立のときにも同じように資本金の払い込みが必要となりますから、増資と同じように用いる事もありますが、会社法が施行されたときに、これが必要なくなりました。会社設立に際して、かつては銀行の保管証明が必要ではなくなったために、別段預金そのものが不要なケースも多くあります。

小さい株式会社設立のときには、たいていは発起人の個人の口座に振込をすることで資本金の払い込みができます。そして、登記申請のときには通帳のコピーをとるだけで良く、保管証明を発行してもらう必要がなくなりましたから、それとともに別段預金として別の口座を必要とはしなくなりました。ですから、どちらかというと規模の大きい会社が増資を行うときに用いられるか、あるいは子会社などを設立するときに、大規模な資金を集めるために用いられると考えれば良く、法人成りではあまり用いられません。

株式の売買

株式会社設立後の株式の売買

株式会社を設立すれば、株式を売買できるというメリットがあります。これを使って利益を得る人もいるのです。例えば、ベンチャーキャピタルは創業間もない会社や、あるはまだ個人で営業している人に対して資金を出資します。このときに、株式の発行としてそれを引き受けて資金を提供します。ベンチャーキャピタルは、会社が成長して、そしてその会社が株式公開をしたときに、保有している株式を売却して資金を回収します。

ベンチャーキャピタルはこのような手法を用いるのですが、これは普通の個人でも行うことができます。出資した株式会社が成長して株式公開をすれば、証券取引所で売却をする事ができます。もちろんですが、配当金が高ければそのまま保有するメリットも大きいと考えられます。どちらにしても、規模が大きくならなければ買い手は見つからないでしょうから、会社を成長させることは必要だと考えられます。

株式公開ができるくらいの規模になれば、活発に株式の売買を行うことができますし、それによって会社の認知度も上がります。会社としての信用性も増しますし、資金調達も容易になります。「上場企業」というだけで社会的な信用度は増すでしょうし、一つのステータスとなります。最初に投資した人は高く売却できるために、メリットも大きいです。

出資した人にとっては、これは大きなメリットなのですが、経営者としては株式が自由に譲渡されると経営権を奪われてしまう可能性がありますから、デメリットもあります。例えば、100株を発行した会社があって、出資者の一人が60株を取得したとすると、最高意思決定機関での議決権はその株主がもっとも多く持っています。それによって、経営が乗っ取られる可能性もあるのです。

このような事態を防ぐためには、株式会社を設立するときに譲渡制限を設けるのが良いと考えられます。株式会社を設立するときには定款で会社のルールを定めますが、この時に譲渡制限を設定しておけば勝手に売却する事はできなくなるのです。経営権を防衛するためには、この方法が良いでしょう。

株式会社を作ったばかりの時にはこのようにして譲渡制限を設けておいて、会社の規模が大きくなってくれば解除するのも良い方法です。譲渡制限のかかった株式と、かかっていない株式とのどちらが欲しいのかと言えば、投資家にとっては譲渡制限のかかっていない株式でしょう。自由に売買ができなければ、必要なときに売却する事はできないでしょうから。

プレゼンを魅力的に

株式会社の設立のプレゼンを魅力的にするには

株式会社の設立に関するプレゼンは、たいていはつまらないものです。しかし、会社説明をするときには、伝えなければならない情報が決まっていますから、仕方がないと言えば仕方のないことです。それでも、見てくれる人がいる限りは少しでも魅力的なものにするべきでしょう。実は、少し工夫をすれば良い印象を与えることもできます。

まず、株式会社の設立について伝えなければならないことを整理しておきましょう。商号や設立年月日、資本金、代表者の情報などは伝えなければなりませんし、支店や従業員数、売上、事業などについても伝えなければなりません。これを淡々と説明したとしても、聞いている人は魅力的なものとは思わないでしょう。

魅力的なものにするためには色々なものと関連づけるのが良いです。例えば、設立した日については、その年にどのようなことがあったのかを付け加えると、聞いている人の食いつきは良くなります。単に年号を言っただけでは数字を提示するだけでしかありませんから、聞いている人はつまらないと感じます。その時期にどのような背景があってどのような需要があったのかを付け加えると、それだけでも意味のある情報を伝えることができます。

株式会社の営業拠点について説明をするときにも、なぜその地域を選んだのかを付け加えると食いつきやすくなります。その地域の特性などを紹介するのも良いです。支店の情報を紹介するときにも、その支店がある地域の文化の違いなどを織り交ぜて紹介していくのは良い方法です。

従業員数について伝えるときにも、良い部分をクローズアップしていくとイメージアップにつながります。例えば平均年齢が若いのであれば、それぞれの従業員に成長する余地が残されていることをアピールするのも良いでしょう。平均年齢が高ければ、様々な経験を積んできたと伝えるのも良いです。どのようなことについても何らかのメリットはありますから、これらをクローズアップしていくとイメージアップにつながるのです。

株式会社のプレゼンを行う対象は、たいていはその株式会社についてあまり知らない人です。第一印象はどのような場合にも重要なものです。嘘を言うのはよくありませんが、できるだけ印象を良くするためには、良い面をできるだけクローズアップしていくのが効果的です。また、聞いている人を飽きさせないような工夫は常にしておかなければなりません。そのためには関連することを調べることも必要なのです。

残高証明について

株式会社の設立での残高証明について

株式会社を設立するときには株式を発行し、その代金を払い込んでもらうことで資本金を集めるのですが、かつてはこの手続きを行うために金融機関の協力が必要でした。確かに資本金が払い込まれたことを証明するためのものとして払込金保管証明書を金融機関に発行してもらわなければならなかったのです。そのためには時間もかかりますし手数料もかかります。また、会社によってはこれを金融機関に断られるケースもあったのです。過去にはこれが普通だったのですが、現在では手続きが簡単になっていますから、設立しやすくなりました。

会社法が施行されてから、発起設立の場合にはこのような手続きは不要になりました。募集設立の場合には従来通り払込金保管証明書が必要ですが、これは規模の大きい会社の場合ですから、個人が小規模な会社を作ろうと思ったときや、あるいは個人事業主の法人成りでは必要ありません。面倒な手続きを行うことが不要になったために、株式会社を作りやすくなったと言えるでしょう。

残高証明のように何らかの証明書を発行することは不要になったために、手続きは非常に簡単になり、株式会社を作るまでの時間を短くすることもできるようになったのですが、その場合であっても「資本金の払い込み証明」として書類の提出は必要です。この書類についてはテンプレートを見れば自分で作成することはできるでしょう。

この時には通帳のコピーを添付しなければなりません。株式会社の資本金となる金額が払い込まれたことを証明するために、通帳をコピーすれば良いことになっているのです。これなら非常に簡単でしょう。この時点ではまだ株式会社の口座はありませんから、個人の口座に振り込みます。そして、記帳し、振り込まれたことが分かる部分をコピーします。それと口座番号や名義人が分かる箇所もコピーします。このコピーを添付することが必要となります。口座番号や名義人については、普通は通帳の表紙をめくったところに記載されていますから、この部分のコピーをとれば良いでしょう。

注意しておかなければならないのは、定款の認証日以降の日付にならないと行けないことです。定款の認証日よりも前に振り込まれると、それは無効となります。この場合には振り込まれたお金を一旦出金し、発起人に渡して、改めて振り込んでもらう事が必要となりますから二度手間になるります。日付についてはよく注意しておかなければなりません。

« Older Entries

Copyright© 2014 会社設立は知っておかなければならないことありますAll Rights Reserved.