プレゼンを魅力的に

株式会社の設立のプレゼンを魅力的にするには

株式会社の設立に関するプレゼンは、たいていはつまらないものです。しかし、会社説明をするときには、伝えなければならない情報が決まっていますから、仕方がないと言えば仕方のないことです。それでも、見てくれる人がいる限りは少しでも魅力的なものにするべきでしょう。実は、少し工夫をすれば良い印象を与えることもできます。

まず、株式会社の設立について伝えなければならないことを整理しておきましょう。商号や設立年月日、資本金、代表者の情報などは伝えなければなりませんし、支店や従業員数、売上、事業などについても伝えなければなりません。これを淡々と説明したとしても、聞いている人は魅力的なものとは思わないでしょう。

魅力的なものにするためには色々なものと関連づけるのが良いです。例えば、設立した日については、その年にどのようなことがあったのかを付け加えると、聞いている人の食いつきは良くなります。単に年号を言っただけでは数字を提示するだけでしかありませんから、聞いている人はつまらないと感じます。その時期にどのような背景があってどのような需要があったのかを付け加えると、それだけでも意味のある情報を伝えることができます。

株式会社の営業拠点について説明をするときにも、なぜその地域を選んだのかを付け加えると食いつきやすくなります。その地域の特性などを紹介するのも良いです。支店の情報を紹介するときにも、その支店がある地域の文化の違いなどを織り交ぜて紹介していくのは良い方法です。

従業員数について伝えるときにも、良い部分をクローズアップしていくとイメージアップにつながります。例えば平均年齢が若いのであれば、それぞれの従業員に成長する余地が残されていることをアピールするのも良いでしょう。平均年齢が高ければ、様々な経験を積んできたと伝えるのも良いです。どのようなことについても何らかのメリットはありますから、これらをクローズアップしていくとイメージアップにつながるのです。

株式会社のプレゼンを行う対象は、たいていはその株式会社についてあまり知らない人です。第一印象はどのような場合にも重要なものです。嘘を言うのはよくありませんが、できるだけ印象を良くするためには、良い面をできるだけクローズアップしていくのが効果的です。また、聞いている人を飽きさせないような工夫は常にしておかなければなりません。そのためには関連することを調べることも必要なのです。

Copyright© 2014 会社設立は知っておかなければならないことありますAll Rights Reserved.